つわりについて

   2017/04/20

こんにちは。
3人の子供を育てるバタバタ母です。

今回は私の妊娠時のつわりエピソードをご紹介したいと思います。
つわりの重さは、
長女>二女>長男(末っ子)
と、産む毎につわりは軽くなっていきましたが、毎回とにかく辛い毎日でした。

長女の時は何も食べられない、飲み物も飲めずにひたすらベッドとお手洗いを往復する日々。
二女の時は、長女の時と比べていくらか軽かったものの、1歳の長女の育児があり休む余裕がなく、吐きながら家事と育児をしていました。
そして末っ子のときは、横になっていればなんとか吐かない。でもオムツの娘たちの育児に追われて寝られない。
そんなつわりライフを3回に渡って経験した私のつわりエピソードです。

スポンサーリンク

つわり、いつから?
私の場合、つわりが始まったのは3人とも妊娠7週あたりからでした。
初めて産婦人科を受診したのが5週のときだったので、受診から2週間後くらいからですね。
「なんか体調悪いかな~、気持ち悪いかな、、」から始まり、口にできるものが段々減っていき
妊娠8週頃には吐くほどに。
長女のときには仕事をしていたのですが、この頃から早退をしたり欠勤するようになり、
9週からは起き上がると吐いてしまうので、仕事を休み続けるようになりました。

つわりのピークとその頃の生活
私のつわりのピークは9週から12週頃でした。
1番つわりのひどかった長女妊娠中は、ただひたすら寝ていました。
「寝る」と言っても、気持ち悪すぎて睡眠がとれずに夜中じゅう唸っていた日もありました。
1日に何回も吐き、吐いた直後だけは少し気分がすっきりするので水分を捕っていました。
二女、長男のときはそこまで酷くはありませんでしたが、上の子の育児で動き回るたび気持ち悪くなって吐いていました。
食べ物のことを考えただけでも気持ちが悪いのに、子供の食事の用意をしてご飯を食べさせるのは辛かった、、、
3回とも食べ物はほとんど受け付けず、私自身無理に食べる気がなかたこともあり体重が8kg程減りました。
入院することはありませんでしたが、長女の時は病院で点滴をしてもらいました。
二女妊娠中には妊婦健診での採血で貧血で倒れ、しばらく病院のベッドで休むなんてこともありました。。

つわり中の食べ物
つわりのピーク時、唯一口にできたのがグリコのアイス<パピコ>でした。それもチョココーヒー味のみ。
吐いてしまった後に冷凍庫からパピコを取り出して食べるというのが当時の生活で、パピコのおかげで生き延びたと言っても過言ではないくらい食べました。
つわり始まりたての頃はオレンジジュースやパイナップルジュース(これがなかなか売ってない。。)も飲んでいましたが、
ピークの頃にはジュースも受け付けなくなり、ひたすらパピコ生活。
ちなみに長女を妊娠中、当時パピコはCMに出演していたAKB48のキャンペーン中だったので、毎日大量のパピコを同じお店で買う旦那は「AKBの大ファンみたいで恥ずかしい。。」と言っていました(^^;)
ピークが少し過ぎるころには少しずつ食べられるものが出てきました。
長女と時はカルビーの<チーズ味のカール>!パピコ同様、大量にストックをしていました。
あとはソース味が食べたくてカツサンドやコロッケ、冷麺なども食べていました。
二女と長男の時は、フライドポテトとチーズ味のカロリーメイト、かむかむグレープというチューイングキャンデーを食べました。
つわり中にフライドポテトなら食べられた!という人は多いみたいですね。
当時買った<たまごクラブ>でもつわり中に食べたくなったものランキングでポテトが1位でした。
つわり中ってなんでか油ものとか味がはっきりしたものが食べたくなりますね。
旦那はそれが理解ができないようで「素麺とか食べたら?」とか言っていましたが、そうじゃないんですよね~。

スポンサーリンク

つわり、いつまで?
だいたい12週から13週あたりからつわりが治まり始め、偏りはあるものの食べ物を食べたり、家事育児も少しずつ再開しました。
妊娠5カ月である16週頃には通常の生活に戻っていました。
私のつわりは3回とも平均的な期間でしたが、中にはほとんどつわりがなかった人や食べづわりの人、臨月になってもつわりが治まらない人もいるようですね。

つわり中の過ごし方
私はとにかく自分の体がしたいようにしていました。
気持ち悪くて食べ物を受け付けないなら無理に食べない。食べられるものがあれば、偏食になっても少しの期間だけと思って食べたいものだけ食べていました。
「気分転換すると気が紛れてつわりが軽くなる」という話も聞いたことがありますが、それどころじゃなく気持ち悪いなら自分が楽な姿勢で横になる、でいいと思います。
また、何より大切なのは周りの方の理解とサポートだと思います。
「つわりは病気じゃないんだから」という心ない言葉もよく聞きますが、病気じゃないからこそ辛いんだよ!!
これといった薬もなくて、いつ終わるかわからない気持ち悪さにただただ耐えるしかない日々。。
しかも妊娠初期は特に赤ちゃんが元気に育っているか不安で心配で仕方なくて、何も食べずに寝ているなんて良くないんじゃないかと自分を責めたり。。
仕事を休んでしまっていれば、周りに迷惑をかけるんじゃないかと心配になり、上に子供がいれば遊んだりご飯を作ってあげられなくてかわいそうな思いをさせているなと申し訳なくなり。。
私もつわり中はとにかく辛くて辛くて、人生で辛かった瞬間ベスト3にランキングするくらい辛い毎日でした。
(ちなみにつわり以外の辛かった瞬間残りの2つは新型インフルエンザと出産です)
つわりで辛いときは自分の体を1番大切にしてください。それはお腹の赤ちゃんを大切にすることにもつながってきますからね(^^)

長女の時はつわり中に何も食べられないと、赤ちゃんに栄養をあげられないんじゃないかと心配になりました。
先程も書いたように私はつわりで体重が8kg減りました。(つわりが終わった瞬間、あっと言う間に戻りましたが。。)
それでも産まれた長女の体重は3175g、平均より大き目な赤ちゃんでした。
ちなみに次女は3494g、長男は3926gとみんなビッグベビーです。
しかも現在4歳の長女を筆頭に、3人とも本当に丈夫です!特に長女と次女はたまに引く風邪以外の病気はしたことがありません。
つわり中はいろいろと不安になることもあると思います。周りの方の理解と協力を得られる人ばかりではないと思いますが、辛いときは少しでも自分の体を休ませてあげてください。
休みことが「赤ちゃんのため」になるんじゃないでしょうか(^^)

私はどんなにつわりが辛くても、結局我が子が可愛くて3人産みました☆長い子育て期間からしたらつわりは一瞬なんですよね。つわりが終わればベビー用品の準備をしたり、赤ちゃんの名前を考えたり、わくわくすることがいっぱい待ってます!
私は赤ちゃんが生まれたらしばらくはバタバタな毎日が続くから、つわり中くらいは休めるだけ休んで食べたいものだけ食べようと自分を甘やかすことにしました。
みなさんもつわり中は無理せず、ご自身の体を大切にしてください☆

 

良かったらこちらもご覧ください(^^)

必要だった赤ちゃんグッズ

使わなかった赤ちゃんグッズ

出産エピソード~長女編~

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)