出産エピソード~長女編~

   2017/04/20

こんにちは。
3人の子供を育てている母です。

今回は私の出産時のエピソードをご紹介したいと思います☆
私は3人とも自然分娩なのですが、毎回スピード出産なのです。
そして、おしるし→陣痛→破水→出産という流れも一緒です。
でも同じ流れの短時間出産なりに、毎回それなりのドラマが生まれたりします。
思いがけないハプニングに見舞われたり。病院まで間に合わず生まれた子がいたり。。

今回は長女の出産エピソードを紹介します。
長女は出産予定日から遅れること2日経ってから生まれました。
「初めての出産とは思えないほどスムーズだった」と助産師さんからも言われた長女を出産したときのエピソードです。

スポンサーリンク

 

 

●出産予定日1~2週間前
妊娠後期から少しお腹が張ることが度々ありましたが、予定日の数週間前頃から前駆陣痛がありました。
前駆陣痛というのは、だいたい出産予定日の前後2週間に起こることが多いという出産の兆候のことですね。
私の症状は生理痛のようなお腹の痛みでした。
最初は「これは、、もしや陣痛が来たのでは?!」とハラハラドキドキしながら横になっていましたが、今となってみれば「こんな痛みじゃ生まれないよ~」と教えてあげたいですね(^^;)

●出産予定日1日経過~昼~
予定日を1日過ぎた頃、おしるしと言われる出血がありました。
そして、ちょうどその日は妊婦検診の日だったので病院へ。
内診してもらったものの、子宮口は2cmと言われました。
「2cm」って言われても基準が分かりませんでしたが、先生に「子宮口を柔らかくする注射打っておきましょうか」と言われたので、「予定日1日過ぎて2cmはまだまだってことかな?」と思いつつ、帰宅してネットで検索しまくりました(^^;)
ちなみにその日念のために、お腹にモニターをつけて赤ちゃんの心拍確認をしました。
助産師さんには「赤ちゃんはすこぶる元気ですよ!」と言われました。

●出産予定日1日経過~夜~
その日の夜、なんか痛い。と思ったら治まる。でもまた痛い、、でも陣痛じゃないんじゃないかな~と思ってました。
と言うのも、痛いのがお腹じゃなかったんです。腰の少し下、おしりの上、痛いというかなんとも言えない感覚でした。
なので半信半疑のままとりあえずお風呂に入ろう、とりあえず寝てしまえとたまに来る痛みに耐えつつ、いつも通り過ごしていました。
臨月入ってからというもの、少しお腹が痛いだけでそわそわしていたのに、いざそれっぽい痛みが来た時には
「もしこれが陣痛だったら次にいつお風呂入ったり寝たりできるか分からないから、動けるうちにさっさと済ましてしまおう」と妙に冷静で腹をくくった自分がいました。
そしていざ就寝したもののやっぱり痛い。これはもう陣痛じゃないかと時計で確認し時には15分間隔でした。
それでも痛みの合間にはなんとか寝ようとしていました。
そして痛みの間隔が10分になった頃、病院に電話をしました。
私「陣痛が10分間隔になったんですけど、、」
助産師さん「最後に検診したのいつですか?」
私「今日です。その時子宮口2cmって言われました。」
助産師さん「ん~、、今結構痛いですか?」
私(え?初めての陣痛だから痛さの標準が分からない、、、)
助産師さん「陣痛だとしゃべれないくらいの痛みだから、今病院に来てもらっても1回帰ってもらうことになるかもよ」
私(でも、この痛みのままひたすら家でじっとするくらいだったら病院行った方が時間が経つのが早く感じるかも、、)
「病院に向かいます!」

スポンサーリンク

●病院への道のり
夜中だったので、旦那さんを起こしてタクシーを呼んできてもらいました。(我が家には車がありません)
その間、なんだか急に気持ちが悪くなってしまい吐いてしまいました。陣痛中って胃が圧迫されて気持ち悪くなることがあるらしいですね。
そんなこんなで、うんうん唸りながらタクシーに乗り込み無事病院へ。
この時点で痛みがあるときは歩くのも難しかったので、旦那さんに支えられながら守衛さんの案内で夜中の病院をなんとか進んで行きました。

●いよいよ入院!
内診してもらうと子宮口6cmそのまま入院になりました。
この時の病院はLDRという、陣痛室と分娩室と出産後の回復室が同じ部屋になっていました。
痛みと夜中だったので眠かったのかあまり記憶がなく意識がもうろうとしていたような気がします。
旦那さんは付き添っていたので飲み物をくれたり、腰をさすったりしていました。
痛みが来るととにかく唸っていました。
恥ずかしさとかなく「何十万円っていう高いお金払ってんだから思いっきり痛がってやる!!」っていう思考が痛みの合間に浮かびました。

●そして出産!!
そうこうしているうちに破水しました。
破水すると痛みがいくらか楽になりました。まぁ、言っても結局痛いんですが(^^;)
いきみたくても「いきまないで!」と言われ続けていました。いきみたい時に我慢しなきゃいけないのがこんなにも辛いなんて知りませんでした。。
でも!ついに助産師さんから「次に痛みが来たらいきんでみて」と言われました!!
それからはとにかくいきみました。意識がもうろうとしたままいきんでいると、やっと先生が登場。
その瞬間、、

「おぎゃー!!!」

え、、産まれたーーー!!!
先生まだ手袋はめてる途中じゃん!
そもそもあのドラマとかでよく見る「赤ちゃんの頭見えてきましたよ~」とかっていうのなかったよね?!
いきなり生まれちゃうもんなの??

といろいろ心で突っ込みながらも、無事出産を終えた達成感と「やっと寝られる」という安堵感でいっぱいでした。
初めて会う我が子はなんだか小さくて可愛くてなんとも言えない感情になりました。
初めて我が子を抱っこした旦那さんはあともう一息で泣くぞ!ってくらいウル目になっていました笑

●まさかのハプニング
ひとしきり赤ちゃんを抱っこしたり産後の処置をしていましたが突然ハプニングが、、
思わず「あっ、、!」と声を出してしまいましたが、先ほどの破水を思い出すように大量の出血をしてしまったのです。
その瞬間、旦那さんは外に出されて何やら先生と助産師さんがバタバタし始めました。
初めての出産で分からないことだらけでしたが、あのバタバタを見ると「これは普通のことじゃないんだな」とすぐ分かりました。
とは言え、私は眠さと出産の疲れで相変わらず意識はもうろうとしてるので、そんなにハラハラしませんでした。
出産を終えた達成感が大きすぎたからか「私が今不安になっても処置したり頑張るのはお医者さんだからなぁ、、」という感じでした。
そうこうしているうちに出血のせいかますます意識はぼーっとしてきました。
後から助産師さんから聞いたところ、私の出血量は羊水が含まれている可能性はあるものの1600mlでした。
通常500ml以上で出血が多いと言われるらしいので、自分の身に結構なことが起こったんだなと、やっぱり出産は何が起こるか分からないんだなと身をもって実感しました。
ちなみに出血の原因は子宮の戻りが遅かったからとのこと。
胎盤が剥がれた部分は傷口のようになっていて、子宮の戻りが遅いことでその傷口がなかなかふさがらず出血してしまうそうです。

●そして病室へ
その後なんとか出血は止まり、出産から2、3時間後には病室へ移動することに。
でもいざ分娩台から降りる時になって、ものすごく気持ち悪くなり吐いてしまいました。
ちなみに長男の時にも産後吐きましたが、点滴の影響とかもあるみたいですね。
そして驚いたのが、びっくりするくらい体が動かない!!
数時間分娩代台にいただけなのにまったく足が動かせない、骨盤が痛すぎて寝返りも打てない状況でした。
赤ちゃんが生まれれば痛みは終わりだと思っていたのに、産後もこんなにも体のあちこちに痛くてガタがくるなんて聞いてない!!と驚きました。
そんな状況で早速赤ちゃんとの生活が始まるなんて、本当に母親業はハードですよね。。

私の第一子出産の流れは、
おしるし→陣痛→破水→出産
でした。
陣痛から出産までのトータル時間は4時間40分とかなり短時間でした。
妊娠中の母親学級でもらった冊子では初産だと陣痛から出産まで平均12時間前後と書いてあったので、
「痛いのは仕方ないから、せめて短時間で終わってくれー!!」と思っていたので、予想以上に早く生まれたことにテンションが上がりました♪笑
第一子出産後すぐ、旦那さんに「このくらいで出産終わるなら私2人目も平気だな~」なんて言えるくらいでした。
旦那さんからすると「いやいやいや!あんなに唸ってたじゃん!!」という感じらしいですが、そりゃ子供1人産むんだから唸るくらいするでしょう!
痛かったし辛かったけど、長い人生のうちの4時間半の我慢で子供が生まれるなら私はまた経験してもいいな~と思えたのです。
ただ出血が多かったので入院中いろんな助産師さんから「出産大変でしたね~」と言われました。スピード出産でしたが決して安産ではなかったですね。

我が家には3人の子供がいますが、産めば産むほど分娩時間は短くなってお産は軽くなっていきました。
これが私が経験した1番辛かった出産エピソードです。

良かったらこちらもご覧ください(^^)

出産エピソード~二女編~

出産エピソード~長男編~

産後・新生児との生活

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)