使わなかった赤ちゃんグッズ

   2017/04/21

こんにちは、3人の子供を育てている母です。

前回の「必要だった赤ちゃんグッズ」に続いて、今回は買ったはいいけどあまり使わなかった、不要だった赤ちゃんグッズをご紹介します。

生活スタイルやきょうだいの有無でいろいろ変わるとは思いますが、ご参考までに(^^)

スポンサーリンク

 

・買いすぎたベビー服

昔からベビー服を眺めるのが大好きだった私。妊娠が分かった瞬間からずっとベビー服のことを考えていました。

特に女の子用のベビー服が好きだったので、第一子が女の子と分かった瞬間からあれこれと集め始めてしまいました。

高い服は全く買わずセールで買うものがほとんどでしたが、やはり無駄に買いすぎてしまったのはもったいなかったな〜と反省しています。。

まだそんなにお出掛けしない月齢なのに、オシャレなワンピースを何着か買ってしまい活躍させられなかったり、

「この上下つなぎの服可愛いけど90cmしか在庫がない、、大きくなったら着せるから買っちゃえ!」

で、季節とサイズが合わなかったり、90cmの大きさになったら上下セパレートの服がメインになってるから登場しなかったり、、

失敗談はあげたらきりがない程です(^^;)

我が家は第二子も女の子だったのでお下がりで着せていたのですが、それでも服の枚数が多すぎてまだまだどれもキレイな状態で残っています。

前もってベビー服を用意する場合、60cm〜80cmサイズは1シーズンしか着られないと思うので、ご自分のお子さんがそのサイズを着る時はどの季節かを考えるのも大切だと思います。

ちなみに、我が子はみんな標準より大きかったので、お店に記載されているサイズ表より1サイズ大き目にしないとピッタリ過ぎてすぐ着られなくなってしまいました。

(例えば6ヶ月なら70cmと書いてありますが、80cmを買っていました)

ただ、新生児時代の肌着とロンパースは多めで助かりました!

第一子の時は、こっちもおむつ替えに慣れていなくて手間取っているうちに、服も肌着もびちょびちょ、、ということが1日に何回もあったので(第二子、三子の時は全くなかったのですが)着替えが多いのは助かりました!

 

・スタイ(よだれかけ)

出産前にベビー服と一緒に買い揃えたスタイは最初は活躍しました。

新生児の頃はよだれは少なかったのですが、母乳の吐き戻しがあったのでスタイが汚れても洋服が汚れることは無かったので活躍しました☆

1日に2、3枚は使っていたと思います。

生後6、7ヶ月頃になると長女はよだれが増えてスタイを何回も変えました。

自分のよだれで口の周りがかぶれるくらいだったので、大き目のスタイが欲しいなと買い替えた途端!

なぜか長女のよだれが止まりました笑

 

その後、二女と長男が生まれたのでスタイは使い回せましたが、2人ともよだれは少ない方でした(^^;)

ちなみに二女と長男はタグを触るのが大好きです。

よだれは少なかったのですが、スタイのタグを触るためにずっとスタイを付けていました笑

また、中にはスタイが嫌で自分で引っ張って取ってしまうお子さんもいるみたいです。

スタイは必要だと思いますが、枚数や買い換えるタイミングによっては無駄になってしまう可能性もあります。

 

・おしりふきウォーマー

第一子である長女が冬生まれということもあり、張りきっておしりふきウォーマーを買いました。

おしりふきウォーマーとは名前のまま、コンセント付きの箱におしりふきを入れると温めてくれるというものです。

寒い時に冷たいおしりふきでふくと赤ちゃんが「ひゃっ!」とするのが可愛そう、という過保護なアイテムですね笑

長女が生まれて里帰り中は使っていましたが、コンセントのコードのがある分、おしりふきを置く場所が限られてしまいます。

初めての育児でただでさえ手際が悪いのに、ベビーベッドから離れたところにおしりふきがあるというのは使いにくい。

かと言って、おしりふきを1枚とってからおむつ替えを始めると、おしりをふく頃にはおしりふきは冷たくなっています。

生後1カ月を過ぎて自宅に帰った頃にはコンセントをささず、普通のおしりふき入れとして使っていました。

また、おしりふきウォーマーを購入するときにネットのレビューで見たとおり、おしりふきの残りが少なくなってくると水分が蒸発しておしりふきが乾いてしまということもありましたが、私はあまり気になりませんでした。

あまりに頻繁におむつ替えをしていたので、乾くより早く使い切っていただけかもしれませんが(^^;)

二女、長男のおむつ替えにも、ただのおしりふき入れとして使っていますが、ワンタッチでふたが開くのでとても便利です。

底にあるウォーマー部分が重りとなっているおかげか、おしりふきを雑に取ってもひっくり返らないのも良いです☆

ただ、ウォーマー機能はほとんど使わなかったので買わなくても良かったなと思います。。

スポンサーリンク

 

・ガラガラ

長女妊娠中に初めての子供とあってテンション上がりまくっていた旦那は、「赤ちゃんと言ったらガラガラでしょう!!」とたまたま通りかかったジブリグッズのお店でガラガラを買ってきました。

トトロとねこバス、魔女の宅急便の黒猫ジジとまさかの3つ買い。。

いざ物を握れるようになった時に渡してみると、ぬいぐるみのようになっていて持ち手が少し赤ちゃんには太くてなかなかうまく持てず。

持てるようになったら、もちろん口に入れるので布がみるみる汚れていく、、でも洗ってよいものなのか。。

その他にも頂いたものを合わせるとガラガラは合計8個にもなりました。

でも物を握り始めたくらいの頃はまだそんなにおもちゃで遊ばないし、おもちゃで遊ぶようになる頃にはボタンを押して音楽が鳴ったり光るおもちゃの方に興味がいってしまいガラガラで遊んでいた記憶はあまりありません。

それでもプラスチック製で持ち手が細く、全体が軽いガラガラは小さい赤ちゃんには持ちやすく手にしていたように思います。

プラスチックなら赤ちゃんが舐めても拭きやすいのも良かったです(^^)

 

 

・授乳口付きの洋服

赤ちゃんグッズではなくママグッズになりますが、妊娠中に授乳口付きのパジャマやトップス、ワンピースを何枚か揃えていました。

人によるとは思いますが私にはどれも使いにくかったです。

長女が冬生まれということで、大人になっても毎年しもやけになるくらいの冷え性&寒がりな私はなるべく寒くないようにと授乳口から授乳をしようと頑張りました。

でも全然うまくできない!やりにくい!!

授乳用カップ付きキャミソールをずらし、授乳用肌着をずらし、パジャマの授乳口から胸を出す、、私にはなんだか難しくて結局前ボタンを開けて授乳していました。

同じ理由で授乳口付きの洋服も使いませんでした。

私は背中まで覆うポンチョタイプの授乳ケープを使っていて、普通のカットソーの裾をまくって授乳しても背中が見えないので授乳口付きの服は全く使いませんでした。

 

 

いかがだったでしょうか。

子育て環境、お子さんやお母様によって必要なもの、不要なものはそれぞれだと思いますが、少しでも参考になれば幸いです(^^)

今はネットですぐにお買い物ができるので、張りきって前もっていろいろ買い過ぎず、本当に必要になった時に買うのが1番かと思います。

 

良かったらこちらもご覧ください(^^)

必要だった赤ちゃんグッズ

産後・新生児との生活

出産エピソード~長女編~

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)