咳喘息と副鼻腔炎

   2017/04/21

こんにちは、3人の子供を育てる母です(^^)

先日結構長〜いこと体調を崩していまして、咳喘息の疑いや副鼻腔炎という病気にもかかりました。

これが結構やっかいで予想以上に苦しめられたので、その時の私の症状をお伝えします。

スポンサーリンク

 

●止まらない咳

1月頭くらいに少し風邪を引き、そこからずっと咳が続いていました。

治まったと思ったらまた悪化してしまい、鼻水と痰も酷くなり、咳込むと止まらず嘔吐しそうになるほどでした。

ただ熱もなかったし、子供を連れて自分の病院に行くのもな、、とそのままにしていました。

でも2月のなった頃、二女と長男も鼻水が出るようになりました。

熱が続くわけじゃないし、いつもは鼻水くらいでは病院に行かないのですが、二女が夜中に高熱を出しました。

丈夫な我が子の中でも、かなり元気な二女は朝には平熱に戻っていたのですが、長男も鼻水出してるしと小児科へ。

かかりつけの小児科は母親の内科も診てくれるので、もう3人揃って診てもらおうと小児科を受診しました。

子供たちは熱もないので薬だけ頂きました。

そして私が「咳が1カ月以上続いている」と伝えて診てもらうと「お母さんが1番重症だね」と言われてしまいました(^^;)

そこで「咳喘息かもしれません」と言われ、いろんな種類の薬をもらって帰ってきました。

「このしつこい咳に病名が付くのか」程度にしか思わなかったのですが、帰宅後「咳喘息」という病気について調べてみました。

 

●咳喘息

咳喘息とは風邪の後に2~3週間以上咳が続く気管支の病気のことを指すそうです。ただ、喘息のような呼吸困難はなく、発熱や痰などの症状はほとんど出ないとのこと。

温暖差やほこり、煙草の煙、ストレスなどが発作の要因になり、咳喘息の患者さんの約3割が将来、気管支喘息になると言われている、いわば喘息の一歩手前の状態だそうです。

咳喘息と診断される条件はいろいろありますが、その1つに気管支拡張薬が効く場合という項目がありました。

私が処方された薬にも気管支拡張薬があり、飲み始めて3日くらいであれほど酷かった咳が良くなりました。

言われてみると、10年くらい前から風邪の後に咳だけが続くことが結構あったような。。

アレルギーのある人の方が多くみられる病気らしいのですが、私は10年前にアレルギー検査をした時にはアレルギーは一切なく、未だに自覚しているアレルギー症状はありません。

まだ私が咳喘息だという確証はありませんが、「将来的に気管支喘息になる可能性がある」と言われるとやはり心配なので、次に咳が続くようなことがあれば、きちんと呼吸器科や耳鼻咽喉科を受診しようと思っています。

 

 

●今度は頭痛。。

咳喘息の疑いで薬を飲み始めて、驚くくらい咳は良くなったのですが今度は強烈な鼻づまりと頭痛に悩まされました。

鼻づまり本当にひどく、鼻呼吸が出来なくてご飯を食べていても苦しくて食が進みませんでした。

更に頭痛まで始まりました。こめかみと眉間の辺りが痛み特に朝に痛みが酷いので、「鼻づまりで寝ている時に酸欠で頭痛がするのかな」と思っていました。

咳も完全に治ってはいなかったので、寝る時や料理を作るときにはマスクを着けていたので余計に酸欠なのかなと。。

その数日後にはご飯を食べる時に両方の奥歯とあごも痛くなりました。熱は高くて37.5℃ほどでした。

頭痛が毎日続くので「鼻づまり 頭痛」とネットで検索してみました。

スポンサーリンク

 

●副鼻腔炎

すると「副鼻腔炎」という病名が出てきました。

風邪に続いて肺炎球菌やインフルエンザ菌などの細菌に感染して、頬の奥から鼻、眉間から眉の上にかけてある副鼻腔に炎症が起こる病気だそうです。

症状として鼻づまり、鼻水、頭痛、歯痛などがあり、副鼻腔の炎症が起きた場所によって痛みは変わるようです。

まさに私の症状にぴったりでした。ちょっとやそっとじゃ病院に行かない私ですが、連日の頭痛で家事育児に支障があったし、何より子供に迷惑をかけてしまっていたので、子供3人連れて耳鼻科へ行きました。

症状を伝え、鼻を診てもらうと予想通り副鼻腔炎と診断されました。

咳の薬がちょうど飲み終わる頃だったので、薬を処方してもらい鼻の吸引をして帰宅しました。

酸欠が原因だと思い込んでいた頭痛も副鼻腔炎が原因だったので、頭痛薬を飲めば痛みが治まりました。

 

●2日後の激しい頭痛

病院に行った2日後、夜中に目が覚めた時に頭痛がしました。まぁここ数日はいつもそんな感じだったのですが、結構痛みが酷いような、、と思いつつまた眠りました。

この日は日曜日だったのですが、子供たちに起こされた時には旦那は用事で出かけていました。

そして今まで経験したことがない激しい頭痛。なかなか起きられませんでした。

それでも子供たちの「お腹すいた」攻撃に仕方なく起きて、服を着替えさせ朝食を用意しました。

私はとても食べられるような体調ではなかったので、なんとかゼリードリンクを食べて頭痛薬を飲みひたすら寝ました。

オムツは外れているけど1人でトイレに行けない二女には申し訳ないけどオムツをしてもらい、ソファーに横になりました。

動かなくても尋常じゃなく痛いのに、動くと更に痛くなる。私からしたら陣痛より痛くて辛かったです。

日曜日だし、子供3人を1人で見てるのでどうにも動けないけど、緊急外来に行った方がいいんじゃないかってくらいの痛みでした。

子供にちょいちょい起こされ、ちょっかいを出されながら4時間ほど寝ると少し良くなっていました。

とりあえず、このまま様子を見ようかなという程度に痛みは落ち着きました。

今度は子供から「お昼ごはんまだー?!」攻撃開始。またこういう時に限って午前中出かけている旦那は帰りが遅い。。

13時過ぎても旦那が帰ってこなかったら昼ご飯を用意しよう思っていたら、ギリギリ旦那が帰宅。

「尋常じゃなく頭痛いからあとはよろしく」と、全てを丸投げしてまた寝ました。

すると、朝の頭痛がウソみたいに夕方には治りました。

日曜日だったからまだ良かったけど、これが平日だったら長女の幼稚園の送迎もしなくては、、と思うと翌日から朝起きるのが怖くなりました。

朝起きてまたあの酷い頭痛があったら、、と。ちなみに副鼻腔炎の特徴として頭痛は朝の方が痛みが強いそうです。

それでも、あの酷い頭痛が起こることなく、なんとか動ける範囲の頭痛にとどまりました。

1週間ほどでやっとほとんど頭痛はなくなりました。

 

 

今回、立て続けに体調不良に襲われました。

咳喘息(の疑い)と副鼻腔炎、この2つほぼ同時に発症したことに何か関係があるのかと調べてみましたが、副鼻腔炎と喘息を併発するということは多いそうです。

食事とお風呂以外座る暇もなく毎日バタバタな毎日を過ごしていて、ある時こうやって体調を崩してしまうと急にこの忙しさが嫌になってしまいます。

年末にも旦那が仕事の日に私が胃腸炎にかかりました。旦那も数日前から軽い胃腸炎気味、子供たちもお腹を下していましたが、私だけ嘔吐が止まらず完全にダウンするほど重症。

二日酔いで会社を休んで1人で寝ている旦那を見ていると思わず「体調不良で寝ていられる人はいいよね」なんて思ってしまいますが、言っても仕方ないので胸にしまって。。

まぁ、私も疲れとストレスで免疫力が下がっているといっても、やっぱり元々頑丈なのか酷い頭痛の日も胃腸炎の日も、半日寝たら復活してしまいましたが☆笑

我が家は結婚してから私も旦那も子供たちも、インフルエンザにはかかっていません。数日寝込むような病気は子供がかかるのは可愛そうなんですが、親だけは絶対にかかる訳にはいかないというのが本音ですね。。

 

みなさんも体調に気をつけて、もし体調を崩した時は史上最大の手抜きをしてなるべく体を休めてください。

 

ちなみに私は酷い頭痛の日、あまりにうるさい子供たちの「お腹すいた」攻撃に何もつけていない食パンをそのまま渡しました(^^;)

 

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)