家事育児の給料

   2017/04/21

こんにちは、3人の子供を育てている母です(^^)

私は専業主婦ですが、年子3人の子供の育児と家事をしていると1日があっという間に過ぎてしまいます。

旦那は子供たちが寝た後に帰宅する毎日です。

スポンサーリンク

数年前までイクメンな上、休日には細かい所の掃除をしたりと毎日感謝の連続だったのですが、最近では変化が。。

1年前に職場が異動になり、帰宅時間はあまり変わらないのですが疲れているのか、以前からの腰痛が最近特に酷いのか、休日はソファーでごろ寝しっぱなしか、ひたすらタブレットでネットサーフィンか、、見ているだけでイライラする休日が続きました。

休日でもなんだかんだ平日にできない家事を行い、1日中立ちっぱなしで座るのは食事中とパソコンでの在宅ワーク中、お風呂だけという平日と変わらない私の忙しさを旦那は見てもいない。だってソファーでごろごろしてるから。。

在宅ワーク中に子供が「これやって!」「お菓子ちょうだい!」と次々やってきます。

「今仕事中だから待ってて」と言って旦那の様子を見ても何もしない。。

そしてついに「ママは仕事してんだからパパに頼みなよ!パパゲームで遊んでるんでしょ?仕事してるママじゃなくて遊んでるパパに言いなよ!!」と旦那への怒りを子供に向けてしまいました。

子供は普段私に頼むんだから、パパがいようとは私に頼みごとをするのは当たり前なのに。。

やっと旦那がのそのそと動き出しましたが、仕事が終われば夕飯の支度をして、5人分の洗濯物を片づけ、やっと夕飯の時間になった頃にはため息が出ました。

さすがの旦那も私の疲れを察知して「お疲れ様」と声をかけてくれましたが、夕飯中にオムツ外れたての二女が

「トイレ行きたーい」

数秒間、旦那の様子を見ていましたが動く気配はなし。以前なら率先して行ってくれてたのに。。仕方なく私が行きました。

その数分後、また二女が「トイレー」

また動かない旦那、、仕方なく二女と階段を下りてトイレに行く私。

そしてまさかの3回目、、「トイレー」

さすがにため息が出ました。席を立とうとした瞬間、やっと旦那が「俺が行くよ」と。。

当たり前だー!お前の子供でもあるんだから!!そして旦那は食べ終わってるけど私はまだ食事中なんだから!!!

1日中忙しい日に限って、どうして食事中のトイレ攻撃が続くのか、、そして旦那が子供を連れて寝室に行っても私は旦那のワイシャツのアイロンがけで仕事は続く。。旦那は子供より先に寝るので子供がアイロンがけしてるリビングに降りてくる。私キレる。。

そんなイライラ休日が嫌なのもあって単発のアルバイトを月1で入れたり、大好きな嵐でリフレッシュしたりしているのですが、やっぱり休日の旦那の態度に納得がいかない。。

 

そんなある日、ふと「私の労働時間ってどのくらいなんだろう?家事を仕事に置きかえると結構な給料になるってニュースも見たけど本当かな?」と思いました。

それで結構な額になるなら旦那に「ほら!私頑張ってるでしょ!休日はもうちょっと助けて」と現状の改善をお願いしやすいかなと思い、実際に計算してみることにしました。

 

前置きが長くなってしまいましたが(^^;)私が独自に計算した私の家事育児の対価をご紹介します。

 

●平日の労働時間

まずは私が平日に家事育児にかける時間を計算しました。

平日は朝6時に起きます。そこから、

洗濯機を回す

長女の幼稚園のお弁当作り

子供達のトイレ

着替え&長男のオムツ替え

自分の身支度

朝食の用意

長女、次女の髪を結ぶ

洗濯物を干す

子供3人の歯ブラシ(仕上げ磨き)

洗い物

出掛ける準備

 

をして、9時前に幼稚園に到着。

そこから買い物のある日は下の子2人を連れてスーパーへ。

買い物がない日は、自宅の1階から3階まで掃除機をかけた後に雑巾がけしたり、トイレ掃除をしたり、キッチン掃除をしたり、月末に大変にならないようにちょこちょこ家計簿を付けたり、お弁当用のおかずを作ったり、なんだかんだと家事をします。

その後は夕飯の支度をします。

それが終わる頃には昼ごはんを作って3人で食べます。そして洗い物をしたら長女の幼稚園のお迎えに。

幼稚園が近いので歩いて向かいます。

幼稚園が終わっても30分は園庭で遊ぶので、子供達の様子を見つつママ友とおしゃべり☆

帰宅したら大急ぎで子供達に手洗いうがいをさせて、お菓子を用意したらパソコンのデータ入力の仕事がスタート。

時期や曜日によって仕事の量が違うので30分〜2時間ほど仕事をします。

データ入力が終わったら洗濯物を取り込んで、ご飯を炊いて、長女のお弁当箱などの洗い物をしてお風呂に入ります。だいたいこの時点で17時前後。

毎日4人でお風呂に入るので出る頃には18時。出たら子供たちの髪の毛を乾かし、自分の髪は濡れたまま午前中に作ってあった夕飯を温めてそれぞれのお皿に盛って夕飯スタート。

好き嫌いばかりの二女を励ましたり叱ったりしながら全員のご飯を終わらせたら、3人の歯磨きをしてリビングで寝かせます。

前まで私も一緒に寝室に行って寝てたのですが、それだと睡眠時間は取れるけど自分の時間が取れなくなってしまうので、子供たちを電気を消したリビングで寝かせ、その間に洗い物をするというシステムに変えました。

電気を消したらしゃべらないというルールですが、みんな疲れているのか20分くらいで3人ともだいたい寝ます。

そして、夕飯の洗い物をして旦那の翌日のお弁当を準備したら寝ている子供たちを2階から3階の寝室に運びます。

18kgの長女、17kgの二女、12kgの長男を抱えてリビングと寝室を3往復します。

そして最後に取り込んだままだった5人分の洗濯物を畳んで仕舞い、翌日の洋服をリビングに用意します。

これで平日の私の仕事は終わりです。

日によりますがこの時点で20時半前後のことが多いです。

 

朝6時から20時半、お風呂中も食事中もひたすら子供の世話を焼いているので、それ以外で休憩出来るのは合計30分ほどです。

ということで、平日の私は14時間労働になります。

スポンサーリンク

 

●休日の労働時間

休日は外出する日、しない日、日雇いのバイトをする日で労働時間が変わるので、それぞれのパターンで計算しました。

まず、外出する日の家事は朝食作り、洗濯物、洗い物、外出の準備、帰宅後の夕飯作り、洗い物、洗濯物片付けがあります。

外出中は基本的に旦那も子供ことを見てくれるので、家事のみを労働時間として4時間労働になります。

次に外出しない日の家事は、朝食作り、洗濯、洗い物、長女の上履き洗い、部屋の片づけ、掃除、天気が良ければ布団干し、シーツ洗い、昼食作り、洗い物、洗濯物片付け、夕飯作り、洗い物、その他(縫物、家計簿)、アイロンがけがあります。

それ以外にもタイミングによって子供の着替えやおむつ替えなどもをやることもあるので、だいたい9時間労働になります。

最後に、月に1回ほどのペースで単発のアルバイトに行っています。仕事によって時間は違いますが、だいたい8時~19時(1時間休憩)で帰宅後に残されたままの洗濯物や洗い物、アイロンがけをするので、11時間労働になります。

 

●主婦の1カ月の労働時間

1か月のうち平均して平日は約22日、休日は約8日です。休日のうち外出するには月に1日、外出しない日は6日、バイトの日は1日です。

合計すると1カ月の私の労働時間は377時間になります。

そこに私が住んでいる地域の最低賃金をかけると、月に350610円の収入になります。

更に残業手当も加えました。

一般企業の平均的な就業時間は9時~18時(休憩1時間)で8時間勤務です。

私の残業時間は平日6時間、休日は平均して1時間なので1カ月の残業時間は139時間になります。

残業手当は、労働基準法で定められた労働時間(原則1日8時間)を超えた時間外労働時間数×1時間当たりの賃金×1.25と計算するそうです。

この方法で計算すると残業手当込みで私の月収は383159円になります。

主婦の仕事は月収38万円以上ですよ!!!

「私ってどのくらい頑張ってるのかな~」くらいのノリで調べたら、めちゃくちゃ頑張ってた!!

その中で、実際に収入になっているのは、月1回のアルバイトと毎日のパソコン在宅ワークですが、アルバイト代は家計に入れているので私のものになるお金は在宅ワークの1万円ちょっとだけです。

更に子供の夜泣きがいつ起こるか分からない=いつ24時間365日いつ呼び出しされるか分からないとなると超ブラック企業みたいな環境です。

 

私はこの内容をすべて紙に書いて旦那に見せました。「私もこんなに頑張ってるんだよ!だから休日はもうちょっと私の仕事を減らしてほしい」と伝えるつもりでしたが、思ったように伝わらず思いのほか話がこじれてしまいました。。

でもなんとか休日は旦那が子供を連れて公園に行ってくれるようになりました。

 

会社でお仕事をされている人もものすごく大変だと思います。ただ専業主婦の仕事も大変です!!自分が働けばそれだけお金がもらえるわけではないし、仕事ぶりを見て評価してくれるのは家族だけ。その家族から「やって当たり前」と思われていたら、もうやりがいなんて見出せません。。

家事育児をしている人は(私だと)月に38万円分の仕事をしてるんです!!旦那さんより頑張っている人も多いと思います。

もう少し報われてもいいのにな~。。と思いました。

 

良かったらこちらもご覧ください(^^)

主婦の副業

子供も遊び場

 
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)