子供の遊び場

   2017/04/21

こんにちは、3人の子供を育てている母です(^^)

今回は、我が家の子供たちが遊んでいる場所についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

 

小さい子供がいると最初はどういうところに遊びに行って良いか分からないですよね。

最近こそ大変さで愚痴ばかりな毎日ですが、少し前までは意外と精神的に余裕がある子育てライフで「赤ちゃんと2人で家の中にいると社会から取り残されそうで不安なんて話聞くけど、私子供と2人でも全然大丈夫だな~」なんて思っていたので、必死に外に遊びに出かけたりしていませんでした。

検診に行くと「毎日お散歩をさせていますか」とか「1日のうち外遊びの時間は?」とか聞かれる項目があって、「やっぱり子供は外で遊ばせなきゃ行けないのか、、でも毎日赤ん坊と公園行ってもすることないのに、、」と思ったり、

近所のスーパーに買い物に行った時に、同じような小さい赤ちゃんを連れたお母さん同士が楽しそうに喋っているのを見て、「赤ちゃんのうちからみんなママ友が出来てるの?!どうしよう、乗り遅れたかも、、」と焦ったり(^^;)

正直、いろいろと情報を集めてせっせと出かけていくタイプではないので、身近なところで遊び場を探してばかりいます。

そんな私が子供の遊び場として使っているところをご紹介します。

 

●まずは情報収集!

子供をどこで遊ばせるか。。散歩の時に見つけた近所の公園か、当時住んでいた家の買い物コースの駅前のベンチか。。

子供が大きくなり、幼稚園に通ったりご近所付き合いが増えてくるとお友達と遊べるのですが、第一子の時は長女と2人でどこに行けばよいのか分かりませんでした。

そもそも赤ちゃんのうちは、外にいたって「遊ぶ」って感じじゃないですからね。母子手帳とか育児本とか見てなんとなく「1日に30分以上は外にいた方がいいのかな」とは思っていたのですが、ベンチに座って娘を抱っこしていてもそんなに時間はつぶれず。。

しかも当時住んでいたマンションは駅から2分、買い物も駅の周りで済んでしまうので嬉しい悩みですが外で長時間過ごすのが難しい。。

そこで、出生届を出した時に役所でもらった色々な冊子や、区のホームページを見て近所の児童館で赤ちゃんの集まりがないか調べてみました。

たまたま自宅から徒歩2分くらいのところに児童館があることが分かりました。ものすごく近所だったのですが、駅とは反対方向だし住宅街を入ったところにあったので、調べるまで児童館の存在を知りませんでした。

この児童館では「○曜日の○時からが0歳児の集まり」と決まっていので、早速行ってみることにしました。

基本的には何をするでもなく、自由に遊んで自由におしゃべりする感じでした。

私は超絶人見知りだったので、ただ娘と見つめあいながら話しかけられるのをひたすら待っていたのですが、児童館の職員の方がぽつんとさびしい人に積極的に話しかけに来てくれるのです!これには助けられましたね~。他のお母さんとの話のかけ橋をしてくれたり、内心おろおろそわそわしていた私には救世主のようでした。

ちなみに同じく自宅から徒歩2分くらいのところに、子育て支援センターがありました。

子育て支援センターとは各市区町村が運営している施設で、育児相談や保育施設などいろいろな子育て情報を提供してくれたり、子育てアドバイザーさんがいる施設です。もちろん屋内の施設内にはおもちゃや本が置いてあり、子供たちが遊ぶこともできます。更に施設によっては定期的に絵本の読み聞かせ、人形劇、手遊び、母乳相談などのイベントを行っていたりします。妊婦さんや未就学児とその保護者が無料で利用できます。

こちらも役所から貰った冊子で知っていましたが、児童館と違って年齢によって日時のしばりがある訳ではないというところが、逆に私には行きにくく感じてしまいました。。

まだはいはいもしない子供を連れて行って遊べるのか。他のお母さんたちが楽しそうに喋っている横で、1人浮いてしまうんじゃないのか、、と人見知り街道まっしぐらな発想で行けずにいました。

児童館で他のお母さんと話してみたら、やはり支援センターには0歳児が少なかったから児童館に来るようになったとのこと。。子供同士が遊んでくれるとお母さん同士の会話も増えたりするので、やはり支援センターデビューはまだ先にしようと決意しました。

その後、長女が1歳になる前に今の自宅に引っ越したので、この支援センターには最後まで行かずに終わりました。

引っ越し後、長女も歩くようになり支援センターみたいな安全な場所で遊ばせられたらなと思い、支援センターデビューしました。

今私が住んでいる地域の支援センターは定期的に近所の公園での外遊びをしたり、誕生日会、予約制で工作を行ったりもしています。ちなみに利用するには登録が必要です

ただ、長女が1歳2カ月の時に私の妊娠が発覚、更当時流行してしまっていたはしかの抗体が私にほとんどないことが判明したので、人の集まる場所を避けて支援センターからまた足が少し遠のいてしまいました。。

スポンサーリンク

●ご近所ママ友の輪

児童館で話したママからはどこの小児科がいいかとか、どこの公園が広くて良いかとか役所の冊子やインターネットの情報だけでは分からないマイナーな情報をたくさん聞けました。

引っ越し後は、お隣やすぐ近所の先輩ママから幼稚園の情報や開拓できていなかった近所の公園の場所なども聞けました。更に引っ越し後すぐに二女を妊娠したので、産婦人科の評判なども聞けたので本当に助けられました。

私の自宅は建売住宅で我が家とその両隣、お向かいさんみんな年の近い子供がいました。狭い住宅街の1番奥に我が家はあり、その先は行き止りなので車が来ません。なので気付くと自宅前で誰かが遊んでいるという状況でした。外から声がすると我が子も「外に行きたい!」というので合流し、お母さん同士で話をしてどんどん仲良くなっていきました。

徒歩3分以内のところに公園が4つあるのですが、立地的にどこに行くにも階段があるのが少し面倒で、なんだかんだ自宅前で遊ぶことが多くなりました。

最近はみんな幼稚園や小学校に行ってあまり自宅前で遊ぶ機会も減りましたが、やはり子供同士が遊んでいると自然を親同士も交流が生まれるんだなと思いました(^^)

幼稚園に入ってからはますますママ友との情報交換が盛んになりました。我が家は幼稚園まで徒歩で通っているので、帰りはそのまま園庭で遊んで帰ります。下の子供たちもみんな一緒になって遊んでいるので、その間に小児科だけではなく親がどこの病院に行ってるかとか、子供のかかった病気の話なども聞けて本当に勉強になりました☆

 

ちなみに私の経験で感じたのですが、子連れで「はじめまして」の時にフレンドリーはママはだいたい子供が2人以上いる!笑

幼稚園の同級生のママもフレンドリーは人はだいたい上に子供がいました。例外は1人だけだったな~。人見知りだった私も子供が増えるにつれて、自分からいろんなママに話しかけられるようになりました。会話のきっかけがつかみやすくなったんですかね。

 

●子供の遊び場のレパートリー

子供の遊び場は年齢によって変わってくると思います。

おすわりやはいはい中心の0歳児の頃は児童館や支援センター、歩けるようになる1歳時以降は屋内の支援センターだけではなく公園など。

第1子の時はどこで何をしたらいいのか分からず、外に出てもなかなか時間をつぶせずにいたりしましたが、遊び友達が出来れば子供同士で遊んでくれて親同士はおしゃべりもできてリフレッシュもできます。

以前の私のように人見知りの人はスタッフの方が話しかけてくれる支援センターや児童館などがお勧めかと思います☆

私の主人(軽くアラフォー)はよく「俺が子供の頃は実家の周りは空き地だらけでどこでも遊べたけどな~」と言っています。

今は小学生が公園や自宅の前に集まってゲームをしている姿をよく見かけます。私も最初に見たときには驚きました。「なんでわざわざ公園に来てまでゲームなの?!」「家の玄関の前にいて、中には入らないの?」と。

でも公園を見ると「ボール遊び禁止」と書いてあるところが多くあります。

以前、まだ小さかった長女を連れて公園で遊んでいたら小学生の男の子たちがやってきてボールを蹴り始めました。結構勢いが良くて何度かヒヤリとすることがありました。そのうちに近所のおじさんが男の子たちに「小さい子がいるんだからボール蹴るのやめなさい!」と注意をしました。

その時、少しほっとしてしまいました。子供にいつボールがあたるかひやひやしつつも、みんなで遊ぶ場所なんだから注意するわけにもいかないし、、と。

でもそのあとただ座って話していた小学生たちを見るとやっぱりかわいそうでしたね。

小学生が思いっきり楽しめる公園の遊具なんてそうそうないし、じゃあボール遊びを始めようにも禁止されていたり注意されたり。。

それで体を動かして遊べと言われてもどこで何をすればいいのか。そう言えば私の通っていた小学校もボールを蹴ることは危険だからと禁止されていました。

誰かの家に行くことも親子間での約束とかがあるんですかね~。「家にお友達を呼ぶときは親に報告する」とか。でも親が仕事とかで不在だったら「じゃぁ外でいいか」となるんですかね。近所の小学生の中には外で宿題を始める子とかもいました笑

その代わりと言えるか分かりませんが、今は学童クラブとかがありますね。以前は両親が働いている子が放課後に利用するイメージでしたが、今は誰でも放課後に空き教室などで遊んだり宿題をしたりして時間を過ごせるみたいです。

向かいはどこでも好きなように遊べていた気がしますが、今は決められた場所で決められた範囲内で遊ぶ、、というのが主流なのでしょうか。でもそれが安全につながったりするんですのかも知れないですね。

 

子供の年齢によって遊び場や遊ぶ内容は変わります。

まずは、市区町村のホームページやお子さんを出産された型は役所からの資料などでの情報収集が良いかと思います。

 

良かったらこちらもご覧ください(^^)

子持ち家庭の家選び

産後・新生児との生活

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)