子持ち家庭の家選び

   2017/04/21

こんにちは、3人の子供を育てている母です(^^)

私はこれまで2回引っ越しをしました。

1回目は結婚した時、2回目は長女が1歳になる前のタイミングでした。

子供がいると家選びは本当に悩みます。

今回は実際に我が家が家選びをした時に重視したポイントをお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

 

●妊娠中の引っ越し

私の人生最初の引っ越しは、妊娠が分かって結婚した直後でした

旦那に「どこに住もうか?」と相談したら「初めての妊娠で不安も多いだろうから実家の近くにしたら」と提案してくれました。

私と旦那の職場からは1時間ちょっとの場所でした。それまで会社から徒歩数分の社員寮に住んでいた旦那は通勤ラッシュにもまれる毎日に。。

すぐに新居を探し始めましたがすでにつわりが始まっていたため、私の母に新居探しを手伝ってもらいました。

不動産屋さんに紹介してもらった物件を実際に見てすぐに決まりました。

というのも、その時探していたのが1DKで子供OKな物件。これが本当になかったそうです。

1DKって時点で家族で住む想定はされていないのか、「子供NG物件」が多かったのです。

更に家賃の設定も安かったので、あてはまる物件は1つしか見つかりませんでした。

でもその物件がすごく良くて!エレベーターのないマンションの1階なので、ベビーカーの上げ下ろしは楽でした。

更に駅から2分の場所なのでスーパーや病院も近くにあり、数軒隣にはドラッグストアもあったのでオムツなどの赤ちゃん用品も買いやすかったです。

我が家には車がないので、駅やスーパーなどが近くにあるのは大切な条件でした。

妊娠中の時点で赤ちゃんのいる生活を想定して、

・ベビーカーや赤ちゃんを抱っこしたままを階段を使わなくて良い

・いきなり子供が飛び出しても平気な車&自転車が少ない通り沿い

・ベビーカーや抱っこで買い物がしやすいよう、スーパーやドラッグストア、病院が近くにある

という立地条件で物件を探しました。

実際に子育てをしてみてどれも譲れない条件だなと実感しましたが、1つ盲点だったのが保育園です。

私は最初から仕事を辞めるつもりでいたのですが、もし仕事を続けるつもりでいたとしても妊娠が分かったヵ月後に保育園の待機児童も調べて物件探しが出来たかと言うと、そこまで頭が回らなかったと思います。

しかも私が当時住んでいた場所は待機児童数ダントツNo.1の地域でした。

もし仕事を続けようとしたら、保活のために引っ越していた可能性もありますね。。

 

●子供と一緒の引っ越し

妊娠中引っ越して1年数カ月が経ったころ、消費税が上がることが決定しました。

その前に家を買いたいねーと話しているうちにトントン拍子に新居が決まりました笑

この時、長女が1歳になる前。子供が生まれた後に家を買うということに妙に構えてしまいました。

金銭的なことではなく、「どこに家を買うかで子供の人生が変わってしまうんじゃないか」とか難しく考えていました(^^;)

でも良い物件に出会ったらそんな悩みは完全に消えてしまいますね。

私の周りで家を決めた人はみんな「これだっ!!」と思って即決したと言います。

私たちが家を購入するのに譲れなかった条件は、

・一軒家

→旦那は実家が一軒家なので絶対に一軒家が良かったそうです。私はずっとマンション住いだったのですが、“マンションを購入したけど、下の階の人が子供の足音がうるさいとクレームをつけ続け、耐えきれずに引っ越した”という人の話を聞いたので、予算内で一軒家が買えるならその方がいいかと思い、一軒家で探すことにしました。

・都市ガス、借地権ではない

→旦那がLPガスの物件に住んでいた時に自炊もしないしシャワーしか浴びないのにガス代がものすごく高かったので、借地権もお金を払い続けるのが厳しいので。。

・駅から徒歩圏内

→私も旦那も実家が最寄駅から歩いて5分前後だったので。車もない我が家にとって駅から近いというのは重要でした。

駅の周りにはスーパーや病院も多いので、駅から近いということは買い物もしやすいということになります。

子供も小さいしゆくゆくは子供は2人、3人欲しいと思っていたので自転車生活というのも難しいと思い、駅から徒歩圏内という条件にしました。

・大通りに面していない

→妊娠中の家選びの時にも重視していましたが、子供が玄関から飛び出した時に危険ではないように交通量が多くない住宅街が良いなと思っていました。我が家は狭い住宅街の行き止まりにあるので、車が来ること自体稀だしスピードを出す車はいません。

 

以上の条件の物件を当時の旦那の職場と同市内で探しました。

最初、不動産屋さんに行った時は物件の条件を伝え十数軒分の資料をもらい帰宅しました。

資料で見た時点では「これだっ!」という物件はありませんでした。

ちなみに、この時貰った資料の物件は全て完成済みの新築でした。不動産屋さんに「完成してない物件を資料見ただけで決める人もいるんですか?」と聞いたら、「むしろ良い物件は完成前にみんな売れてしまいますよ。残っている物件はやっぱりそれなりの理由があったり、、、」とのこと。なるほど!

次にまた同じ不動産屋さんに行った時に、担当の方が少し慌て気味に「おととい売り出されたばかりの物件があるんですよ!」と資料を持ってきました。

最寄駅から徒歩6分、都市ガスで借地権でもない、狭い住宅街の行き止まりという立地、ついでに家のすぐ裏は24時間営業のスーパー☆オムツがいつでも買える!!

もう間取りと条件を見ただけで夫婦揃って「これだっっ!!」と思いました。

最寄駅を見て旦那は「…どこ?」と言っていましたが、偶然にも私の通っていた大学の2駅となり、4年間毎日のように通っていた駅だったので親近感がわきました。

しかもその路線の中では栄えているというイメージだったし、決して都会ではないけれど住みたい街ランキングに入るターミナル駅から電車で10分という立地に文句はありませんでした。

間取りや土地、駅からの距離に文句なし!

でもとりあえず他の物件を先に巡りました。

完成済みの新築物件がほとんどでしたが、家の周りが急な坂ばかりだったり、リビングが狭かったり、土地ギリギリに家が建っていて自転車どころかベビーカーの置き場所がなかったり、駅周辺にスーパーも病院も全然なかったり、、不動産屋さんが言っていた「完成しても残っている物件はそれなりの理由がある」というのが分かった気がしました。。

そして、いよいよ本命の物件へ。

スポンサーリンク

 

 

●運命の物件

売り始めて数日の物件ということで、工事も始まりたてという状況でした。

天気も悪い日だったので日当たりは分かりませんでしたが、家の南側が貸し駐車場だったので日光を遮るものがなく、狭い住宅街の1番奥だったのでとても静かでした。

駅から徒歩6分というのは見ていた物件でもダントツの駅近でした。不動産屋さんからも「値段の問題ではなくそもそも駅から近い土地がなかなか売り出されない」と言われていたので、そこが最大の魅力でした。

こんなに駅近なのに我が家の予算に見合った物件だった理由は、家の裏の駐車場の更に奥。

新幹線の線路が通っているのです。距離にして30mほどでしょうか。リビングから新幹線が見えます。

そんな立地条件だからか相場からは考えられないような値段でした。

ちなみに最近我が家から1分ほどの距離の同じ住宅街に経った2階建ての新築は我が家の1.8倍の値段でした。

まぁ我が家より広い家だからというのもあるのですが、やっぱり新幹線の線路近くとうのは問題点ということなのでしょう。

でも、思ったより音もうるさくなかったので私たちは気になりませんでした。

更には地盤の強さ、水が出ないかという心配もクリア。

不動産屋さんいわく、その最寄駅は再開発が決まっているとのこと。駅に商業施設やタワーマンションができ、更には他の私鉄とつながり交通の便もかなり便利になるというので、将来的に大きく価値が下がるということもないなと思いました。

もう即決でした。

ドアや床の色や素材、お手洗いやお風呂場などの内装の見本が同じ市内で見られるということでしたが、偶然にもそこから車で1時間ほどの当時私達が住んでいた家のすぐ近くでも同じようなモデルルームがあるということでした。そこにも運命を感じてしまい、当時の自宅から歩いて5分ほどのモデルルームも見に行きました。

その後、必要な資料をそろえローンを組む銀行を探したりして無事マイホーム購入にいたりました。

 

 

●引っ越してから分かったこと

路線の中でも栄えた駅と言うことで、周りに習い事が出来る教室がたくさんありました。

フィットネスクラブが2つあり体操や水泳、ダンスができるし他にピアノ、バレエ、英会話などの教室がありました。

徒歩3分ほどのところの小児科はとても評判がよく、更に徒歩圏内に幼稚園が3つもありました。

少し歩きますが、かなり大きな公園もあって家族でピクニックもできますし、小さな公園も家の周りに4つありました。

自宅周りは坂や階段が多いのですが、駅までは坂を登るか階段か、踏切を渡ればエレベーターもあるのでベビーカーでものすごく困るということはありませんでした。

「駅に行くのに階段かエレベーターかぁ」と思ったのですが、良く考えたら地元は地下鉄。改札に行くのに階段を下りていたので、そこは条件一緒じゃないかと思うと気にするポイントではないのかなと思います。

あと、我が家は4軒並んだ建売住宅なのですが、同じタイミングで同じような物件を購入する=家族構成が似ている家庭が集まる

ということで、お隣同士子供の年や親の都年齢がみんな近く、気を遣い過ぎることもなくとても良い関係で仲良くしています。

 

ただ1つ、引っ越してから分かったマイナスポイントが。。

それは新幹線の振動でした。

新幹線の音は窓が二重になっていることもあって気にならなかったし、当時1歳前の長女も新幹線の音にノーリアクションだったのですが、床に座っている時、夜になって寝室で寝ている時に新幹線が通ると、、揺れてる!!!

これはショックでした。夢のマイホーム、新しい生活、、でも家が揺れてる。。。。

でもこの振動にも10日ほどで慣れました(^^)

うとうとしている時に新幹線で揺れても目が覚めなくなり、生活の一部になってきました。

ちなみに、我が家での新幹線の揺れは震度3くらいです(^^;)

地震があると新幹線より揺れてるか、揺れてないか、同じくらいかで震度が分かるという特技が身に付きました笑

 

これだけ近くに新幹線が走っていると愛着がわいてきますね☆

外出先で新幹線を見かけると、「この新幹線も我が家の前を通ってきたのかな」とか思っちゃいます笑

 

子供がいる家庭の引っ越しは親の都合、子供への環境、いろいろ考えなければならない要素があって迷いますよね。

ただ、我が家も、私の姉や親、友人もみんな声をそろえて、

「良い物件に出会ったらすぐにこれだっ!と思って迷わないよ」

と言います。

今まであれこれ悩んでいたのが嘘のように、妥協点がないかあっても気にならない程度の運命のような物件に出会えるはずです。

新居を探している方は楽しみながら素敵な物件に出会えるといいですね☆

 

良かったらこちらもご覧ください(^^)

子供の遊び場

産後・新生児との生活

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)