簡単!子供手さげバッグの作り方〜キルティング〜

 

こんにちは、3人の子供を育てている母です(^^)

 

我が家では4月から長女が小学校へ、末っ子長男が幼稚園に入園します。

と言うことで、今は入園・入学準備に追われています。

手提げや上履き入れ、きんちゃくなど指定はないので手作りしています(^^)
スポンサーリンク

 

今回は、幼稚園で長男が使う手提げバッグを作ってので作り方を紹介します。

ちなみに前回ご紹介した簡単!子供手さげバッグの作り方~裏地&マチあり~では裏地とマチのある手さげの作り方でしたが、

今回はキルティング生地を使い裏地無し、マチなしのより簡単な手さげバッグの作り方になっています♪

 

 

 

完成品がこちら☆

幼稚園の指定がだいたい縦30cm×横40cmとのことだったので、それに合わせて作りました。

ちなみに我が子の幼稚園では手さげの表側下に名前書くことになっているので、生地を裁断した段階で名前を入れました。

最近刺繍にハマっているので私は刺繍で入れました(^^)

名前が目立つようにミニオン生地一色ではなく、底の部分だけ別布を付けて名前を見やすくしました。

 

 

●材料

・キルティング生地…縦62cm×横42cm

・底部分生地…縦19cm×横42cm(なくてもOKです)

・持ち手用テープ…34cm×2本

私はいつも持ち手用テープはダイソーで買っています☆

 

縫い代はキルティングの上下部分のみ3cm、後は全て1cmです。

 

 

お名前を付ける方は、縫う前の方がやる安くてお勧めです☆

裁断して、作り方の①で生地のどの辺りが下に来るか調整してから付ける失敗しないと思います。

 

スポンサーリンク

●作り方

①底部分をまち針で留める

底部分生地の縦の縫い代を折り生地全体を半分に折ります。

同じく半分に折ったキルティング生地の輪になったところに底部分生地をかぶせて表も裏もまち針で留めます。

底部分の縫い代を内側に折っているので、糸が出てこないですよね(^^)

 

 

 

 

②底部分をキルティング生地に縫い付ける

折っていたキルティング生地を開き、底部分生地の縫い代を折ったところをそれぞれ縫います。

なるべくギリギリ5mm以内のところを縫えるとキレイかと思います☆

 

 

 

 

③中表に合わせて脇を縫う

キルティング生地の裏面が見えるように半分に折り、両端を縫い更にジグザグミシンをかけます。

ジグザグミシンをかけておくと、子供が荷物を出し入れしてもカバンを洗濯機で洗っても糸が出にくくなります(^^)

 

 

 

 

アップで見るとこんな感じです。

右端の青い糸が実際にミシンで縫ったものです。

 

 

 

④バッグの上部分を始末する

バッグの上部分をぐるり一周三つ折りにしてミシンで縫います。三つ折りの幅は1.5cmです。

脇部分は生地が何枚も重なって分厚くなっているのでゆっくりミシンをかけてください。

速くするとミシン針が折れやすくなってしまいます。

 

 

 

⑤カバンに持ち手を付ける

カバンを裏返したままの状態で、持ち手を上部分に付けます。

 

 

今回は端から13cmのところに持ち手をテープを付けました。

持ち手が取れないようにしっかり縫い留めてください。

 

 

 

完成です☆

現在2歳11か月の長男が持ってこのくらいの大きさです。

これから4年間(長男は1年早く幼稚園に通うので1年長いのです)雑な扱いをされても壊れないで頑張ってほしいです(^^)

 

 

 

ちなみに我が家の長女と次女の幼稚園手さげバッグも手作りしました。

やっぱりキルティング生地一色じゃつまらない気がして、家にあった余り布でポケットを付けました

まぁポケット自体使わないので飾りですね(^^;)

ポケット付ける場合も名前付けと同じように裁断が終わった段階で付けるのがおすすめです。

ポケットの付け方は簡単!きんちゃくバッグの作り方の「作り方①ポケットを付ける」を参考にしてください。

 

 

 

ポケット以外にもボタンとかお花とかお姉ちゃんたちの時にはいろいろ飾り付けましたねー。

長男のはもうシンプルでいいです笑

付けたって「可愛い~♡」とかならないので笑

 

 

良かったらこちらもご覧ください(^^)

簡単!リボンで髪飾り&ブローチの作り方

大人パンツを子供用にリメイク☆

子供用ギャザースカートの作り方

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)